建築住宅で重要なポイントはその住み心地やデザイン性能なども重要なポイントですが、それ以上に重要なポイントのひとつに内壁の存在があります。
この内壁の構造が優れていると、通気性も抜群で住宅の内部構造の空気の循環が効率よく行なわれて、夏は涼しく冬は暖かい住宅が実現できるのです。またこの内壁構造の通気性に特化した構造によって、建物内部の湿気を上手くコントロールできて、一年中快適な生活を行うことが可能になるのです。



空気の循環と言う建物の呼吸に該当する現象を上手くコントロールしている内壁構造ですが、内壁構造の役割は通気性の調整だけでなく、建物の耐火性能を飛躍的に上昇させると言う効果も発揮します。このようにさまざまなメリットが存在する内壁の存在ですが、最近ではこの内壁構造の研究がさらに進み、より通気性や湿度調整などの性能が飛躍的に向上した内壁構造が開発されています。
建物の通気性は内壁構造から実際にこのような内壁構造は現在ではほとんどの住宅に採用されているため、多くの日本人が快適な暮らしを実現しています。フローリングなどの床やキッチン、お風呂場、トイレなどは決まった掃除方法がありますが、決まった方法がない内壁の掃除を行うのはとても難しいです。そのうち洗面所の内壁は洗顔や歯磨きの他に洗濯機で洗濯するなど、キッチンやお風呂場に次いで水を多く扱う場所です。さらにお風呂場に隣接しているので、換気を行ってもどうしても湿気がこもりやすい場所でもあります。
湿気が多い上、人の皮脂や洗剤カスが飛び散るので洗面台や周囲の内壁にカビが生えやすくあります。


洗面台と周囲の内壁を掃除する方法について。
洗面台のカビによる汚れはナイロンたわしやクレンザーでこすり落とすのが効果的です。水に含まれる灰分によるに白っぽく曇る汚れは炭酸カルシウムですので薄い塩酸や酢酸で溶解させるときれいに除去できます。洗面台周囲の内壁に生じたカビ汚れは、水をつけたり、こすることはせず、泡で留まるタイプのお風呂用漂白剤を吹き付けて放置したのちにティシュペーパーなどで漂白剤の泡ごと優しく拭き取ることでカビ汚れがきれいに除去できます。

Posted in 未分類